美容師として殻が向けた時の話し

ほいーチャンカパーナ!

親不知ぶち抜いて

顔若干腫れてまーす

ヒキアゲ師Kotaです!

(右が腫れてるから左側写しとくな)

最初お客様と全然話せなかった

(入社したての時な)

笑顔も全然なかったし

人相的に無愛想だったと思う

(今はスマイル100%のはず(笑))

社会人一年目で

色々緊張してたと思う。

おいおいにお客様たちから

人と話せるんだね

笑顔あるんだね

って言われまくった

(笑顔あるんだねは

言い過ぎやないか?)

まぁそれくらい終わってた奴だった

入社して1ヶ月くらいだったかなー

当時の店長のお客様にな

「こんなに丁寧なシャンプーは生まれて始めて。すごい気持ちよかった!絶対またシャンプーしてほしい!」

って言われたんよね

それまでただただ先輩に

言われたことこなしてて

当たり障りなく過ごしてたんだけど

この時、自分の中で何かが

変わった気がした

おおおおお

なんなんこの気持ちは

めちゃくちゃ嬉しいやないか

人に喜んでもらえる快感

みたいなものに満たされた!

その日からシャンプーに

のめり込んでな

今でも研究している

(入社したてはシャンプーしか

できることがなく必然では

あるんだけどね(笑))

一殻向けました~

お客様に美容師の楽しさを

教えて頂きました。

先輩に教えてもらうこともある

後輩に気づかされることもある

切磋琢磨して技術を磨く。

でもやっぱり美容師の楽しさは

お客様が一番

気付かしてくれる。

そうやんね今までの練習した時間

色々悩んだり

試行錯誤してたどり着いて

それをその時間は間違ってなかった

やってよかったことだって

気付かしてくれるのは

お客様なのよね。

日々つくづく思っています。

お客様がいてこその自分

自分一人では美容師の

楽しさなんてわからない。

結局は人と人との繋がりなんよね。

そんな事思いながらも

今日も一人でも多くの

お客様に喜んでもらえることを

考えながらすごしてます。

Kota

(みつを的なな(笑))

技術もまだまだだと思うし

立ち振舞いもまだまだですよ。

ほいでもこれからも

もっと進化していく

ヒキアゲ師Kotaを

見届けてほしいです。

よろしくお願いいたします!

ご予約はこちらでお願いいたします!
日々の悩みや相談もお気軽にどうぞ!
友だち追加


PAGE TOP