ごりごりのマレーシア人につたない英語で挑んだ話

最近どいだん?

お店の近くのスムージー屋さんとっても美味しい。

ヘッドスパが得意な美容師Kohtaです。

マレーシア2週間目です。英語力2です。とりあえず勢いで乗り切ってます日常は。しかし仕事でカウンセリングってなると細かい技術の表現だっり、カラーの説明とか日本で日本人にしていたカウンセリングとは比べものにならないくらい大変。アタシこんなことも伝えれんのかーってなる。Googleトランスレーター。LINEの翻訳を駆使してカウンセリングに挑むが、カウンセリングがいい感じで出来ているとはとても言い切れない!

今はまだ店長Sakiさん(マレーシア歴6年目)が助けてくれます。トランスレートしてくれます。非常に助かります。日常会話ではなく専門用語も混じることもあるカウンセリングですからねー、耳も慣れてないし口も慣れてない。ってか英語の発音がよすぎて聞き取れんかったりする。昨日はmarchをmuchと聞きとっていて隣にいたSakiさんは会話噛み合ってねーなーって思ってたみたい。そう!噛み合ってない!

とてもカウンセリングに時間はかかったけど、お客様は納得したみたいで無事終わりました。

とてもいい感じにレッドブラウンカラーです。とても喜んでくれて、また次回も来るわーって言っていただけました。英語力高めねばぁああ!

勢いとノリだけでは無理なこともあります。ってかお客様が不安なまま技術するのよくないしな。英語話せたほうが絶対にいい。海外に行く美容師さん共に頑張りましょう。

結果はよかったけど、もっと内容を良くしていかんとなー

そんな昨日でした。

しゃらんら〜


PAGE TOP